MENU
再スタート、準備中。 ボタン

テスラ【TSLA】最新決算、7-9月期/Q3,2023は、値下げと生産制約が足かせに。

※アフリエイト広告を利用しています

7-9月期決算では、納車台数の増加は見られたものの、値下げや生産制約が収益鈍化につながりました。他の事業ではサービスとエネルギー関連収入が堅実に。新製品開発や工場改修費用の負担が増え、粗利率と営業利益率は悪化。サイバートラックの生産開始とAI開発の加速に注力し、人型ロボット「Optimus」の機能強化も進行中。

目次

7-9月期(第三四半期/2023年)決算概要

2023/7-9月期(Q3)2022/7-9月期(Q3)前年同期比
売上高23,350 21,454+8.8%
営業利益 1,764 3,688▼52.2%
当期利益 1,853 3,292 ▼43.7%
調整後EPS 0.66 1.05 ▼37.1%
決算概要(※単位百万ドル EPSはドル)
決算のポイント
  • 売上高、EPSとも市場予想に届かず、自動車販売台数も予想未達。
  • その他事業は堅実に増収。完全自動運転システムの実用化を目指す。
  • 期待のサイバートラックは、年内出荷へ

ポイント

  • 自動車販売収入( 自動車販売+リース)は前年同期比4%増の190.7億ドルで、市場予想206.4億ドルには未達。
  • 前年同期比27%増の納車台数も、平均単価の低下と工場改修による生産制約で増収率が低下。
  • その他事業の売上は、サービス関連が32%増の21.7億ドル、エネルギー関連が40%増の15.6億ドル。
  • 営業利益率も9.6%ポイント低下の7.6%。粗利率は7.2%ポイント低下の17.9%、予想18.3%を下回る。
  • 製品構成の悪化、サイバートラックやAI開発、工場改修の費用増加が影響。
  • テキサスとベルリン工場でモデルYの生産増強が続き、年率50%の納車台数増加を予想。
  • 通期納車計画は約180万台で、市場予想の182万台を下回る。
  • サイバートラックのテキサス工場での初期生産開始し、年内納車開始予定。
  • キャッシュフロー黒字化には1年から1年半かかる見込み。
  • AI開発を加速し、自社開発コンピュータDojoの計算能力を前四半期から倍以上に増強。
  • 完全自動運転システムの実用化と、人型ロボットOptimusの機能増強を継続。Optimusはヨガが可能に。

納車台数の推移

納車台数は、前年同期比では増加していますが、そのペースが落ちてきていることを指摘する市場関係者がいます。EV(Electric Vehicle 電気自動車)の将来を握っているテスラにとってはこれからが、実力の見せどころになります。

株価の動き

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

男子孫2人を持つ、60才越えの元証券マン。投資信託、ファンド初心者からベテラン投資家まで幅広い層にセミナーを開催。米TVドラマと米4大スポーツが好きが高じて?いや自然の流れで米国株、アメ株にハマる。好きな選手は、カリー(NBA)ともちろん、翔平君(MLB)。

コメント

コメントする

目次