MENU
再スタート、準備中。 ボタン

米国市場(13日)は上昇、米中通商協議を期待。アップル反発。

[table id=133 /]

目次

米中通商協議再開を、期待

13日の米国市場、主要3指数はいずれも上昇。ニューヨーク・ダウは、2月1日以来の高値となり、1月26日につけた過去最高値にせまっています。米国からの通商協議再開の打診を中国側が、「歓迎する」とコメントしたことが好感されていたようです。
8月の消費者物価指数(CPI =食品、エネルギーを除くコア、前年比 予想2.4%、結果2.2%)が市場予想を下回り、FRB の利上げペースが鈍化する可能性があるとの見方が出たこともマーケット全体の上昇を支えたとの指摘もありました。

アップル、反発

iPhoneXsをはじめ、新型を発表したアップルでしたが、昨日とは打って変わって株価は反発し、ハイテク株の値上がりを主導しました。少しはやいですが、年末商戦に向けての、iPhoneXシリーズの売上に注目が集まります。

12日の米国市場↓

米国市場(12日)ダウは小幅高。新機種発表のアップルは下落。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

男子孫2人を持つ、60才越えの元証券マン。投資信託、ファンド初心者からベテラン投資家まで幅広い層にセミナーを開催。米TVドラマと米4大スポーツが好きが高じて?いや自然の流れで米国株、アメ株にハマる。好きな選手は、カリー(NBA)ともちろん、翔平君(MLB)。

コメント

コメントする

目次
閉じる