MENU
再スタート、準備中。 ボタン

米国株式市場(28日)は上昇。ハイテク、金融株に買い戻し。アマゾンの脅威

[table id=8 /]

目次

アマゾンの戦略に戸惑い

米国株式市場は、値上がり。前の日に下げていた、
ハイテク関連に買い戻しが目立った他、金融株にも
久々に買いが入りました。

この日の話題は、アマゾンがオンライン薬局のピルパック
を買収すると発表したこと。その影響で、ドラッグ
ストアチェーンや医薬品卸売関連の企業の株が大きく売ら
れていました。

26日に、ニューヨーク・ダウに採用されたばかりの
ウォルグリーン・ブーツ・アライアンス(WBA
世界最大級のドラッグストアチェーン)も
59.70ドル(▼6.56ドル/▼9.90%)と大幅下落
となっていました。

また、アマゾンは宅配サービスを強化する戦略のひとつ
として、小規模宅配事業の支援する方針も発表。この
ニュースで、ユナイテッド・パーサル・サービス(UPS)
やフェデックス(FDX)の宅配大手企業の株も下げて
いました。アマゾン、恐るべし。

28日のマーケットでは、

市場関係者のコメントとして、
貿易摩擦に関するものが目立っていませんでしたが、
嵐の前の静けさ?

関連記事はこちら↓
変わらぬ通商強硬姿勢を懸念(27日)

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

男子孫2人を持つ、60才越えの元証券マン。現在は金融機関営業員向けにファンドの勉強会とファンド初心者からベテラン投資家まで幅広い層にセミナーを開催。米TVドラマと米4大スポーツが好きが高じて?いや自然の流れで米国株、アメ株にハマる。好きな選手は、カリー(NBA)ともちろん、翔平君(MLB)。

コメント

コメントする

目次
閉じる