MENU
再スタート、準備中。 ボタン

米国株式市場(27日)は、反落。変わらぬ通商強硬政策?を懸念。

[table id=8 /]

目次

トランプ政権、強硬姿勢で統一?

27日の米国株式市場は、反落。
市場は、トランプ大統領による通商政策に対する
方針決定が、事前に報じられていたものよりも
強硬なものではないとの見方が優勢となり、
この日の取引はじめは、上昇しましたが、

その後、高官による、
中国への対応軟化を示すものではないとの報道が
あり、変わらない強硬姿勢が嫌気され下げに転じ
ました。

ナスダックの下落きつい

特に、アマゾン(AMZN)やアルファベットの
グーグル(GOOG)、マイクロソフト(MSFT)
など、ハイテク関連の多い、ナスダック指数の
下落が目立っていました。

関連記事はこちら↓
26日の米国株式市場

 

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

男子孫2人を持つ、60才越えの元証券マン。投資信託、ファンド初心者からベテラン投資家まで幅広い層にセミナーを開催。米TVドラマと米4大スポーツが好きが高じて?いや自然の流れで米国株、アメ株にハマる。好きな選手は、カリー(NBA)ともちろん、翔平君(MLB)。

コメント

コメントする

目次
閉じる