MENU
再スタート、準備中。 ボタン

7/25-26FOMCは、全会一致、予想どおり+0.25%の利上げへ。政策金利は5.25-5.50%に。

※アフリエイト広告を利用しています

今回のFOMCでは、0.25%(25bp)の利上げを2会合ぶりに決定。パウエル議長は9月以降の政策は、会合ごとにデータしだいで決まることを強調していますが、これまで以上に市場の注目は『これで利上げは打ち止めか?』に集まります。

目次

これまでのFOMC

据え置きの後の利上げ

FOMC開催日政策金利(*FFレートの目標誘導レンジ)
2020.4~2022.1月変更なし0.00~0.25%
2022.3月【ゼロ金利政策解除】 1+0.25%0.25~0.50%
5月 2+0.50%0.75~1.00%
6月 3+0.75%1.50~1.75%
7月 4+0.75%2.25~2.50%
9月 5+0.75%3.00~3.25%
11月 6+0.75%3.75~4.00%
12月 7+0.5%4.25~4.50%
2023.1月 8+0.25%4.50~4.75%
   3月 9 +0.25%4.75~5.00%
5月 10+0.25%5.00~5.25%
   6月据え置き5.00-5.25%
7月+0.25%5.25-5.50%←今回はここ。
FOMCのこれまでの動き

フェデラル・ファンド(Federal Funds)は、アメリカの銀行が連邦準備銀行に預けている無利息の準備預金のこと。米国の銀行は預金残高の一定割合を連邦準備銀行に預けることを義務付けられていますが、銀行間では、日々この過不足を互いに調整しあっています。この時に成立する金利を、FF金利(レート)と言います。日本の無担保コール翌日物に相当する、米国の代表的な金利です。金融政策の方針を決定するFOMCで、このFF金利の誘導目標が示されることから、米国における短期金利の指標、政策金利として位置付けられています。

利上げの効果

*各月の折れ線にカーソルを合わせると、数字(%)が出てきます。

CPI消費者物価指数、**コアCPIは消費者物価指数からエネルギーと食品を除いた指数。またコアPCEデフレーターは、食品・エネルギーを除いた名目個人消費支出(PCE=Personal Consumption Expenditures)を実質個人消費支出で割ったもので、FRBが最も重要視している指標と言われ、この数値が2%になることをFRBは目標としています。

9月以降はデータしだい

  • しっかりした雇用の伸び、低いままの失業率、インフレの高止まり→利上げに踏み切る
  • 経済活動の拡大ペース判断を「緩やか」に→景気判断を上方へシフト
  • 「引き締めの累積効果」「効果の時差」「経済・金融動向」を考慮するという利上げ余地を残す文言を継続
  • パウエル議長はタカ派姿勢を維持?それでも6月のCPIを予想よりやや良好と評価
  • データしだい→利上げも据え置きもあり得る
  • ただ、利上げにはやや慎重?な印象

利上げを織り込みながら・・

結局、米国株式市場は年内の利上げの回数が減って行くことをボジティブにとらえ、上昇してきているように思えます。

*月末終値。チャートにカーソルを当てると、各月の値がわかります。

今後のFOMCと重要スケジュール

8月
4日7月の雇用統計
10日7月の消費者物価指数(CPI)
24日 〜26日 *ジャクソンホール経済シンポジウム
31日7月の個人消費支出(PCE)
9月
1日8月の雇用統計
13日8月の消費者物価指数(CPI)
19日〜20日FOMC
下旬8月の個人消費支出(PCE)
10月31日〜11月1日FOMC
12月12日〜13日FOMC
2023年8月~

*ジャクソンホール経済シンポジウムカンザスシティ連銀主催。主要国中央銀行のトップも参加する会議。この会議でのFRB議長の講演等により、金融政策の変更・転換が示唆されるケースがこれまでもあり、恒例のマーケットイベントと認知されつつあります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

男子孫2人を持つ、60才越えの元証券マン。投資信託、ファンド初心者からベテラン投資家まで幅広い層にセミナーを開催。米TVドラマと米4大スポーツが好きが高じて?いや自然の流れで米国株、アメ株にハマる。好きな選手は、カリー(NBA)ともちろん、翔平君(MLB)。

コメント

コメントする

目次