MENU
再スタート、準備中。 ボタン

12月3週、FOMCで動揺のマーケットを買ったのは?

[table id=237 /]

 

目次

日経平均株価は大幅下落

JPX(日本取引所グループ)によると12月3週(12/17-12/21)の投資部門別売買状況、海外投資家は(現物▼3,263億円、先物▼2,218億円)合計▼5,482億円の売越(現物の売越は6週連続。合計の売越は、3週連続)個人は(現物▼1,065億円、先物+1,547億円)合計で+482億の買越。個人の現物売越は3週ぶり。信託銀行は、(現物+1,120億円、先物▼1,441億円)で、現物の買越は、5週連続。その他、事業法人+185億円、投信+2,052億円と、それぞれ現物を買越。この週は、週間ベースで、日経平均株価は(21,374円→20,166円/▼1,208円/▼5.65%)と大幅下落となりました。

買い手は国内勢

国内勢(年金資金の信託銀行+1,120億円、投信+2,052億円、事業法人+185億円)は、合計+3,357億円の現物の買越。これに、日銀によるETF購入額、約2,100億円を加えた、5,526億円で12月2週同様の買い支え?をおこなったカタチです。

12月3週といえば、米国株式市場では、その前の週末から21日には、NYダウが▼1,654ドル(▼6.86%)と大きく値下がりした波乱の週。いろいろな理由があげられていますが、やはり、18-19日FOMC(米公開市場委員会)で、市場が期待した、利上げの早期打ち止めにつながるようなハト派的な姿勢をFRBに見出せなかったことが大きかったと思います。

投資家のスタンスとして参考にしたいのは、国内の年金資金(信託銀行を経由する)。11月3週以降、+401億円、+1,450億円(4週)、+2,031億円(12月1週)、+1,415億円(12月2週)とそして、12月3週、1,120億円と現物を5週連続の買越。長期投資を主とする年金資金ですが、タイミングによっては、押し目を拾い、ふいたら売りもおこなう、したたかさをもっている、投資家であるということも忘れてはならないでしょう。

2018年、日銀によるETF購入額は6兆円5,000億円少し手前で。

日銀は12月3週も、(設備・人材投資に積極的な企業を組み入れるETFを4営業日で、12億円ずつ。)60億円と通常型ETF(TOPIX型)、703億円×3日で2,109億円、合計2,169億円。日銀によるETF購入は年間6兆円の予定に対し12/21までに、およそ6兆3,388億円となり、6兆円を超えています。約6兆円の年間予定と”約”がついていますので、多少のオーバーは許容範囲でしょうが、年内は、6兆5,000億円を少しきるぐらいのところのようです。(日銀のサイトより。)。
関連記事はこちら↓

12月2週、海外投資家の売り続く。国内勢は・・・

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

男子孫2人を持つ、60才越えの元証券マン。現在は金融機関営業員向けにファンドの勉強会とファンド初心者からベテラン投資家まで幅広い層にセミナーを開催。米TVドラマと米4大スポーツが好きが高じて?いや自然の流れで米国株、アメ株にハマる。好きな選手は、カリー(NBA)ともちろん、翔平君(MLB)。

コメント

コメントする

目次
閉じる