MENU
再スタート、準備中。 ボタン

東京株式市場(11日)も大幅に値下がり。米国株急落の流れを受け。

[table id=172 /]

目次

一時、1,000円を超える下げ幅の日経平均

11日の東京株式市場は、大幅下落。日経平均株価は約1か月ぶりの安値水準、下げ幅としては今年3番目の大きさでした。10日の米国株式市場の大幅下落のながれを受け、朝方から売りが先行。寄り付き(今日最初につけた価格)がほぼ高値となる、一日を通して、下落基調の展開で、1,000円超える下落幅までありました。

瞬間、1ドル=112円をきり、111円台をつけた円高の進行や企業決算への期待感後退(安川電機 銘柄コード6506の業績予想下方修正など 安川電機の株価は▼6.07%安)もリスクオフムードに拍車をかけていたようです。

米消費者物価指数に注目

米国株式市場大幅下落の背景とされるのが、米国金利上昇。強い経済指標→インフレ懸念台頭→FRBの利上げペースが早まるかもと憶測→金利上昇→株価下落の流れを考えると、米国時間11日に発表される、9月のCPI(消費者物価指数 予想前年比2.4%)、コアCPI(食品・エネルギーを除く 消費者物価指数 予想前年比2.3%)に神経質にならざるをえません。

10日の米国市場↓

米国市場(10日)大幅下落は、米中貿易摩擦と金利上昇のせい?

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

男子孫2人を持つ、60才越えの元証券マン。現在は金融機関営業員向けにファンドの勉強会とファンド初心者からベテラン投資家まで幅広い層にセミナーを開催。米TVドラマと米4大スポーツが好きが高じて?いや自然の流れで米国株、アメ株にハマる。好きな選手は、カリー(NBA)ともちろん、翔平君(MLB)。

コメント

コメントする

目次
閉じる