MENU
再スタート、準備中。 ボタン

日経平均(5日)は米国株大幅安と連動で、600円近くの値下がり。

目次

米国株大幅安と連動

米国の金利上昇を端を発する、

米国株式市場の大幅な値下がり
の動きそのままに

5日の東京株式市場も大きく
下落しています。

日経平均株価は、
▼592.45円安の(-2.55%)
22,682.08円

今年に入ってからの
高値である、
1月23日の

24,124.15円(終値)

からは、▼1,442円もの
下落になっています。

最大の買い手である、
海外投資家は、

1月(1/4〜1/26)までに

現物 ▼1,247億円の売越
先物 ▼ 12,170億円の売越

で合計 ▼13,417億円と
とかなりの金額の売越となって
いましたので、

米国市場の動揺を受け、
2月も継続して、日本株を売っていても
おかしくは、ありません。

米国の金利の動きを見ながらの
神経質なマーケット環境が

落ち着くには、もう少し時間を
要するかもしれません。しかし、

日米の
好調な企業業績に裏付けられた

株式市場に、大きな変化はないと
考えます。

関連記事はこちら↓

1月4週、海外投資家は大幅な売り越しも個人投資家に変化が。

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

男子孫2人を持つ、60才越えの元証券マン。現在は金融機関営業員向けにファンドの勉強会とファンド初心者からベテラン投資家まで幅広い層にセミナーを開催。米TVドラマと米4大スポーツが好きが高じて?いや自然の流れで米国株、アメ株にハマる。好きな選手は、カリー(NBA)ともちろん、翔平君(MLB)。

コメント

コメントする

目次
閉じる