米国市場(18日)の過度な警戒感和らぎ、反発。

18日の米国市場

9/18(終値)17日比/17日
NYダウ26,246.96ドル+184.84ドル(+0.71%)
S&P5002,904.31+15.51(+0.54%)
ナスダック7,956.11+60.32(+0.76%)
原油(WTI)69.59+0.91
米10年国債(金利)3.06%2.99%
VIX(米国恐怖指数)12.7913.68
AAPL(アップル)218.24ドル
+0.36ドル(+0.17%)
AMZN(アマゾン)1,941.05ドル
+33.02ドル(+1.73%)

過度な警戒感が和らぐ

18日の米国市場は、反発。米中貿易摩擦への過度な警戒感が、和らいでいたと市場関係者。

トランプ政権は、17日、中国による、知的財産権侵害に対抗した制裁関税の第3弾を今月24日に発動、中国からの輸入品2,000億ドル相当に、10%の追加関税を課し、来年には25%に引き上げるとしていました。

これに対し中国も直ちに、米国製品600億ドル相当に報復関税措置実施を表明と嫌な流れになりましたが、米国が当面の税率をおさえたほか、携帯電話やパソコン本体を対象品目から外したことを市場は評価、好感したようです。両国の経済

に予想されたほどの悪影響が広がらないとの見方がでて、売り込まれていたハイテク株等に買い戻しが入りました。

ネットフリックス、急伸

「個別企業がやり玉に挙げられるわけでもなく、米中お互いに交渉余地を残していた」ことを楽観的に見る向きもありました。前日に大きく下げていた、FAANGの一角、ネットフリックス(NFLX)が、367.75ドル(+17.30ドル/+4.94%)と急伸したのが目立っていました。

17日の米国市場↓

米国市場(17日)追加の制裁措置を警戒。ナスダックは大幅下落。

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る