米国市場(4日)は、大幅に下落。金利上昇が圧迫、FAANGも安い

4日の米国市場

10/4(終値)3日比/3日
NYダウ26,627.48ドル▼200.91ドル(▼0.75%)
S&P5002,901.61▼23.90(▼0.81)
ナスダック7,879.51▼145.57(▼1.81%)
原油(WTI)74.33▼2.08
米10年国債(金利)3.19%3.15%
VIX(米国恐怖指数)14.2211.61
AAPL(アップル)227.99ドル
▼4.08ドル(▼1.76%)
AMZN(アマゾン)1,909.42ドル
▼43.34ドル(▼2.22%)

金利上昇が水をさす?

4日の米国株式市場は、大幅安。ニューヨーク・ダウは6営業日ぶりの値下がり。S&Pとナスダックは6月25日以来の大幅な下落となりました。堅調な経済指標が続けてでるなか、インフレ加速への懸念が広がり、指標の10年国債利回りがさらに急伸し、3.232%と7年ぶりの水準まで。1日の金利上昇としては、2016年の米国大統領選挙の日以来の伸びとなりました。大半のセクターが値下がりするなか、金利上昇の恩恵を受ける、銀行株が堅調な動き。

今週発表された、一連の好調な経済指標に加え、この日も、週間の新規失業保険申請件数が減少し、49年ぶりの低水準に迫る勢い。また、8月の製造業新規受注も前月比2.3%増と、11月ぶりの大幅な伸びとなっていました。マーケットでは、5日(米国時間)に発表される、9月雇用統計に関心が集まっています。

FAANGのインターネット関連大手、売られる

個別企業では、コンピュータシステムに中国の情報機関が悪意のあるチップを組み込んだと報じられた、アップルとアマゾンが下落。(両社は報道を否定)その他、FAANG銘柄では、フェイスブック(FB)▼2.2%、ネットフリックス(NFLX)▼3.55%、アルファベットのグーグル(GOOGL)▼2.84%と、いずれも大きく下落していました。

3日の米国市場↓

米国株式市場(3日)NYダウは、2日連続の最高値更新。

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る