米国市場(31日)は続伸。ナスダックが2%超の上昇。

31日の米国市場

10/31(終値)30日比/30日
NYダウ25,115.76ドル+241.12ドル(+0.97%)
S&P5002,711.74+29.11(+1.08%)
ナスダック7,305.89+144.24(+2.01%)
原油(WTI)65.31▼0.87
米10年国債(金利)3.15%3.12%
VIX(米国恐怖指数)21.3323.35
AAPL(アップル)218.86ドル
+5.56ドル(+2.61%)
AMZN(アマゾン)1,598.01ドル
+67.59ドル(4.42%)

波乱の展開だった、10月

31日の米国市場、主要3指数は、いずれも続伸。ダウは、200ドル以上の値上がり(+0.97%)、ハイテク株の多い、ナスダックは、2%を超える上昇となりました。月間では、NYダウが▼5.1%、S&P500が▼6.9%下落。ナスダックは、2008年11月以来の大幅ば下げとなる▼9.2%安(この2日間では、3.6%上昇)と、10月はじめの高値からの大幅な下落を、あらわしています。

10月は、米国金利上昇、世界的貿易摩擦が企業業績に及ぼす影響の見極めなど投資家心理を不安にさせる、市場の動きでした。企業業績を素直に評価する、マーケットにもどりつつあるようですが、予断を許さない状況は続いています。やはり、10月は鬼門でしょうか???

FAANG、頑張る!?

個別では、ゼネラル・モーターズ(GM )36.59ドル(+3.05%/+9.09%)が第3四半期の利益と売上高が予想上回ったことに加え、通年の業績見通しが明るかったことで株価は大きく上昇。また、前日第3四半期決算で、情報流出問題などの関連コストが少なくなるため、利益率の低下が止まるとの見通しを示したフェイスブック(FB)が、151.79ドル(+5.57%/+3.81%)と値上がり。

FAANGの他の、アップル、アマゾン(上記表に)、ネットフリックス(NFLX)301.78ドル(+15.97ドル/+5.59%)、アルファベットのグーグル(GOOGL)1,090.58ドル(+41.07ドル/+3.91%)はいずれも上昇となりました。

尚、31日iPad Proなど新ラインナップをプレゼンしたアップルでしたが、現地時間の1日取引終了後に、第4四半期決算が発表になります。

30日の米国株式市場↓

米国市場(30日)は、反発。半導体関連に買い

関連記事

ピックアップ記事

  1. 中国での販売不振を織り込む、株価!? 大中華圏=グレーターチャイナ(一般的に中国本土、香港…

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る