MENU
再スタート、準備中。 ボタン

米国市場(30日)は、反発。半導体関連に買い

[table id=202 /]

目次

半導体関連が強い。

30日の米国市場、主要3指数は、いずれも1.5%以上の値上がり。半導体や輸送関連の株に押し目買いが入り、上昇しました。この日は、四半期の企業決算発表等をあらためて見直す、雰囲気?にあったようです。

インテル、引っ張る

個別では、6月に高値、57ドルをつけて以来、調整していた、インテル(INTC)が47.76ドル(+2.36ドル/+5.20%)と上昇し、半導体関連全体を引っ張りました。また、

投資判断が引き上げられた、GPU(グラフィック用プロセッサ)の大手エヌビディア(NVDA)が203.0ドル(+17.38ドル/+9.36%)と急伸しました。

企業業績の見通しへの期待と、不透明な外部要因(米中貿易摩擦、イタリア財政、米金利など)の綱引きがしばらくは、続くものと思われます。

29日の米国市場↓

米国市場(29日)、ふたたび米中貿易摩擦を懸念

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

男子孫2人を持つ、60才越えの元証券マン。現在は金融機関営業員向けにファンドの勉強会とファンド初心者からベテラン投資家まで幅広い層にセミナーを開催。米TVドラマと米4大スポーツが好きが高じて?いや自然の流れで米国株、アメ株にハマる。好きな選手は、カリー(NBA)ともちろん、翔平君(MLB)。

コメント

コメントする

目次
閉じる