米国市場(23日)は下落。好決算も先読みで警戒感!?

23日の米国市場

10/23(終値)22日比/22日
NYダウ25,191.43ドル▼125.98ドル(▼0.50%)
S&P5002,740.69▼15.19(▼0.55%)
ナスダック7,437.53▼31.09(▼0.42%)
原油(WTI)66.43▼2.93
米10年国債(金利)3.17%3.20%
VIX(米国恐怖指数)20.7119.64
AAPL(アップル)222.73ドル
+2.08ドル(+0.94%)
AMZN(アマゾン)1,768.70ドル
▼20.60ドル(▼1.15%)

足元の決算より・・

23日の米国市場、主要3指数は下落。NYダウは続落。中国の上海総合指数(23日の終値→2,594.83 ▼60.05 /▼2.26%)の値下がりや欧州の主要市場が軟調な動きを見せるなか、米国マーケットも売りが先行。ダウ採用銘柄の、キャタピラーとスリーエム(3M)の発表された、7-9月期の決算は良い内容でしたが、通期の業績予想は据え置いたことが嫌気され、株価は値下がりとなっていました。

この両企業の株価が下落したことで、米中の貿易摩擦激化によって、企業業績動向への警戒感が高まり、ダウは一時、550ドル近い下げを見せる場面もありました。マーケットは、足元よりも来期、または通期への企業業績への影響(米中貿易問題の)を気にしているようです。いずれにしても、本格化する米企業業績の発表と不安定な外部要因の引っ張り合いのマーケットが続きそうです。

ダウ採用銘柄の値下がり

個別企業では、キャタピラー(CAT /118.98ドル/▼9.73ドル▼7.56%)、3M(MMM/192.55ドル/▼8.81ドル▼4.38% )、シェブロン(CVX/113.40ドル/▼3.81%▼3.25%)等の値下がりが目立っていました。

 

米国市場(22日)、NYダウは下落。四半期決算発表に神経質な動き。

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る