再スタート、準備中。 ボタン

米国株式市場(19日)は、好決算と金利上昇の間で揺れる!?

[table id=185 /]

目次

気になる中国本土株

19日の米国株式市場、主要3指数はまちまちの動き。中国、上海総合指数の上昇で、堅調に推移する場面もありましたが、週末ということもあり、手控えムード。好決算企業の株が買われる一方で、半導体関連株に利益確定の売りが出て、ナスダックは、3日続落となっていました。

金利上昇と企業業績

個別では、ニューヨーク・ダウ採用銘柄でもある、P&G(プロクター・アンド・ギャンブル/PG)が、7-9月期の決算が市場市場予想を上回ったことで買われ、87.30ドル(+7.06ドル/+8.80%)と値上がり。ダウの上昇を支えました。

来週以降は、引き続き企業決算をにらんだ動きになると思われますが、「金利上昇による、企業業績、特に売上げへの影響に注目している」との一部アナリストのコメントがありました。

19日の東京株式市場↓

東京株式市場(19日)は続落。米中株式市場を意識?

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる