米国株式市場(19日)は、好決算と金利上昇の間で揺れる!?

19日の米国市場

10/19(終値)18日比/18日
NYダウ25,444.34ドル+64.89ドル(+0.26%)
S&P5002,767.78▼1.00(▼0.04%)
ナスダック7,449.03▼36.11(▼0.48%)
原油(WTI)69.28+0.57
米10年国債(金利)3.20%3.17%
VIX(米国恐怖指数)19.8920.06
AAPL(アップル)219.31ドル
+3.29ドル(+1.52%)
AMZN(アマゾン)1,764.03ドル
▼6.69ドル(▼0.38%)

気になる中国本土株

19日の米国株式市場、主要3指数はまちまちの動き。中国、上海総合指数の上昇で、堅調に推移する場面もありましたが、週末ということもあり、手控えムード。好決算企業の株が買われる一方で、半導体関連株に利益確定の売りが出て、ナスダックは、3日続落となっていました。

金利上昇と企業業績

個別では、ニューヨーク・ダウ採用銘柄でもある、P&G(プロクター・アンド・ギャンブル/PG)が、7-9月期の決算が市場市場予想を上回ったことで買われ、87.30ドル(+7.06ドル/+8.80%)と値上がり。ダウの上昇を支えました。

来週以降は、引き続き企業決算をにらんだ動きになると思われますが、「金利上昇による、企業業績、特に売上げへの影響に注目している」との一部アナリストのコメントがありました。

19日の東京株式市場↓

東京株式市場(19日)は続落。米中株式市場を意識?

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る