米国株式市場(16日)大幅反発。投資家心理が改善!?

16日の米国市場

10/16(終値)15日比/15日
NYダウ25,798.42ドル+547.87ドル(+2.17%)
S&P5002,809.92+59.13(+2.15%)
ナスダック7,645.49+214.75(+2.89%)
原油(WTI)71.92+0.14
米10年国債(金利)3.16%3.16%
VIX(米国恐怖指数)17.6221.30
AAPL(アップル)222.15ドル
+4.79ドル(+2.20%)
AMZN(アマゾン)1,819.96ドル
+59.01ドル(+3.35%)

投資家心理が大幅に改善!?

16日の米国市場、主要3指数はいずれも、大幅に反発。米国金利の落ち着きと良好な企業決算が、投資家心理を大幅に改善させました。強い経済指標にもポジティブに反応。9月鉱工業生産指数は、予想を上回る内容(前月比0.3% 予想0.2%)でした。また、投資家の先行きに対する、不安心理をあらわすVIX指数は、17.62と前日の21.30から大きく低下していました。

好決算銘柄、強い

個別企業では、ユナイテッド・ヘルス(UNH /+4.73%)、ゴールドマン・サックス(GS/+3.01%)、ジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ/+1.95%)が、好決算が評価され、値上がりしていました。

15日の米国市場↓

米国市場(15日)は、決算発表前の様子見ムードのなか下落。

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る