米国株式市場(11日)は、連日の大幅安。

11日の米国市場

10/11(終値)10日比/10日
NYダウ25,052.83ドル▼545.91ドル(▼2.13%)
S&P5002,728.37▼57.31(▼2.06)
ナスダック7,329.06▼92.99(▼1.25%)
原油(WTI)73.17▼1.79
米10年国債(金利)3.15%3.22%
VIX(米国恐怖指数)24.9822.96
AAPL(アップル)214.45ドル
▼1.91ドル(▼0.88%)
AMZN(アマゾン)1,719.36ドル
▼35.89ドル(▼2.04%)

投資家は不安

11日の米国市場は、連日の大幅安。ダウは、500ドル以上、ナスダックも100ポイント近い下落となりました。「金利上昇と米中貿易戦争が企業業績に影響し、株価は回復しないかも」と投資家は、おもいはじめているとの弱気のコメントがありました。投資家心理の先行き不安度合いをあらわすVI指数(ボラティリティ・インデックス 恐怖指数)は、一時28.84まで上昇し、今年2月以来の24.98の高水準で終了。

また、米原油在庫が予想を上回り、原油価格が2週間ぶりの安値をつけたことで、エネルギ関連が売られたことも全体の重しとなりました。

インフレ圧力は弱まる?

ただ、
注目の9月のCPI(消費者物価指数 前年比)が、CPI(結果2.3% 予想2.4%)コアCPI(結果2.2% 予想2.3%)とも予想下回り、インフレ圧力が高まる懸念が遠のき、金利上昇が一服したことで投資家に多少安心感が広がり、株価を下支えしていたことも忘れてならないでしょう。

昨日の東京市場↓

東京株式市場(11日)も大幅に値下がり。米国株急落の流れを受け。

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る