米国株式市場(9日)は大幅高。2月の雇用統計と米朝会談を好感!

2月の雇用統計を好感

3月9日金曜日のニューヨークダウは、
大幅高。

前日に比べ、+440.53ドル高い

25,335.74(+1.77%)。

他の主要指数は、

S&P500
2,786.57
(+ 47.60 /+1.74%)

ナスダック
7,560.81
(+132.86/+1.79%)
※ナスダックのみ、1/26以来、
約1カ月半ぶりに史上最高値を
更新。

大幅高の要因は、
・米労働省が発表した2月の雇用統計、

非農業部門雇用者数が市場予想の
20万人を大きく上回る

前月比31万3千人増
(失業率は4.1%、予想は
4%)

となったにも関わ
らず、賃金の伸びは市場予想を

下回ったことで、過度な
インフレ懸念が、後退。

さらには、

米朝首脳会談

・トランプ米国大統領が、前日、
北朝鮮の金正恩朝鮮労働委員長
の要請を受け入れ、

5月までに米朝首脳会談に応じる
意向を表明。

朝鮮半島情勢の緊張緩和につな
がるとの期待。

そして、
・アルミニウムや鉄鋼への高い
関税など、輸入制限が見込み
も穏やかな内容になりそう

など、株価には、
プラスの材料となるものが
続き、

株式市場全体を押し上げる要因
となりました。

2つの気になる数字

米国10年国債の利回り
2.90%(前日 2.86%)
※この値が高いほど
債券が売られ、
金利が上昇している
ことをあらわします。

米国VIX指数(恐怖指数)
14.64(前日 16.54)
※こちらは、数字が大きいと
先行きに対する不安が高いことを
あらわします。

追記、関連記事はこちら↓
米朝首脳会談の実現

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る