MENU
再スタート、準備中。 ボタン

東京株式市場(12日)続伸。米朝会談にらみ上下も、関心は金融政策へ。

目次

歴史的な米朝首脳会談よりも、日米欧中央銀行の金融政策が・・

12日の東京株式市場、日経平均株価は、
 前日比、+74.31円高の
 22,878.35円(+0.33%)

朝方は、110円台となった円安を
支援材料に、節目の23,000円を
つける場面もありましたが、
その後は、(前日比)マイナス圏
になるなど

歴史的な米朝首脳会談の進捗状況を
見ながらの、思惑的な短期売買が
中心の動きでした。

日経平均株価の今日の動き↓

引用元 日経平均株価【998407】:株式/株価 – Yahoo!ファイナンス

投資家の多くが、
日米欧の中央銀行による、金融政策決定
会合の(12日〜14日の間にそれぞれ開催)
行方のほうに、神経質になっており、
今週は動けないというのが、本音のよう
です。

日経平均株価が、23,000円を超えていく
には、パワー不足かもしれないが、配当利
回り等からみた、日本株の割安感もあるので
大きく売り込まれることもないだろう
という、一部アナリストの意見がありました。

 

 

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

男子孫2人を持つ、60才越えの元証券マン。現在は金融機関営業員向けにファンドの勉強会とファンド初心者からベテラン投資家まで幅広い層にセミナーを開催。米TVドラマと米4大スポーツが好きが高じて?いや自然の流れで米国株、アメ株にハマる。好きな選手は、カリー(NBA)ともちろん、翔平君(MLB)。

コメント

コメントする

目次
閉じる