米国株式市場(28日)は上昇。ハイテク、金融株に買い戻し。アマゾンの脅威

2日の米国市場

7/2(終値)前日比/前日
NYダウ24,307.18ドル+35.77ドル(+0.15%)
S&P5002,726.71+8.34(+0.31%)
ナスダック7,567.69+56.38(+0.76%)
原油(WTI)73.94▼0.21
米10年国債(金利)2.87%2.85%
VIX(米国恐怖指数)15.6016.09
AAPL(アップル)187.18ドル+2.07ドル(+1.12%)
AMZN(アマゾン)1,713.78ドル+13.98ドル(+0.82%)

アマゾンの戦略に戸惑い

米国株式市場は、値上がり。前の日に下げていた、
ハイテク関連に買い戻しが目立った他、金融株にも
久々に買いが入りました。

この日の話題は、アマゾンがオンライン薬局のピルパック
を買収すると発表したこと。その影響で、ドラッグ
ストアチェーンや医薬品卸売関連の企業の株が大きく売ら
れていました。

26日に、ニューヨーク・ダウに採用されたばかりの
ウォルグリーン・ブーツ・アライアンス(WBA
世界最大級のドラッグストアチェーン)も
59.70ドル(▼6.56ドル/▼9.90%)と大幅下落
となっていました。

また、アマゾンは宅配サービスを強化する戦略のひとつ
として、小規模宅配事業の支援する方針も発表。この
ニュースで、ユナイテッド・パーサル・サービス(UPS)
やフェデックス(FDX)の宅配大手企業の株も下げて
いました。アマゾン、恐るべし。

28日のマーケットでは、

市場関係者のコメントとして、
貿易摩擦に関するものが目立っていませんでしたが、
嵐の前の静けさ?

関連記事はこちら↓
変わらぬ通商強硬姿勢を懸念(27日)

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る