米国株式市場(25日)は大幅な下落。貿易摩擦激化に政府高官も悩む!?

2日の米国市場

7/2(終値)前日比/前日
NYダウ24,307.18ドル+35.77ドル(+0.15%)
S&P5002,726.71+8.34(+0.31%)
ナスダック7,567.69+56.38(+0.76%)
原油(WTI)73.94▼0.21
米10年国債(金利)2.87%2.85%
VIX(米国恐怖指数)15.6016.09
AAPL(アップル)187.18ドル+2.07ドル(+1.12%)
AMZN(アマゾン)1,713.78ドル+13.98ドル(+0.82%)

ハイテク関連の下げがきつい

25日、週明け米国株式市場は、大幅安。
中国資本が25%以上占める企業に対し、
「産業上重要な技術」を保有する米国企業
の買収をを禁じる規則を策定中の報道を受け

まず、ムニューシン財務長官がこの措置は、
中国だけに限定したものではなく、
「米国の技術を盗用しようとする全ての国」
と発言。その後、政府高官が、

トランプ政権が求める、ハイテク企業への
投資規制は世界全体を対象としているわけ
ではないと説明することで、主要指数は
多少の戻りを見せることはありましたが、

一日を通じ、米国と主要諸国との貿易摩擦が
エスカレートするのではという懸念に揺れる
マーケットでした。

ハイテク株の比率の高い、ナスダック指数が
2%を超える大幅な下落となっていました。

政治スケジュール

トランプ政権内高官の、貿易摩擦に対する
意見の食い違い?は、今後も混迷が続くこと
を予想させるものですが、この問題は

米国企業が海外に生産拠点を移すことを
促すことにもなり、結局は米国の成長を
阻害することにつながります。

米国の政治スケジュール(11月の中間選挙など)
をにらんだマーケットの展開になる可能性が
高まります。

関連記事はこちら↓
米国の対外強硬姿勢が不安

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る