米国市場(9日)は大幅上昇。過度な懸念後退し米企業業績を期待。

9日の米国市場

7/9(終値)前日比/前日
NYダウ24,776.59ドル+320.11ドル(+1.31%)
S&P5002,784.17+24.35(+0.88%)
ナスダック7,756.20+67.81(+0.88%)
原油(WTI)73.85+0.05
米10年国債(金利)2.86%2.82%
VIX(米国恐怖指数)13.3712.69
AAPL(アップル)190.58ドル+2.61ドル(+1.39%)
AMZN(アマゾン)1,739.02ドル+28.39ドル(+1.66%)

企業決算への期待

9日の米国株式市場、主要3指数はいずれも上昇。
貿易摩擦について、マイナスになるあらたな材料が
出ていないことで過度の懸念が後退。また今週から
本格化する、米企業四半期決算への期待から積極的
な買いも入っていました。

ダウとナスダックは、3日続伸。米中貿易摩擦問題
大きく売られていた、キャタピラー(CAT)や
ボーイング(BA)が株価を切り返し、

キャタピラーは、
140.97ドル(+5.56ドル/+4.11%)
 
ボーイング
341.92ドル(+7.28ドル/+2.18%)
とダウの上昇をささえました。

ツイッターのアカウント停止

一方、ツイッター(TWTR)は
誤報や偽情報を減らすために、5月、6月
の2ヶ月で7000万を超える、アカウント
が停止されたという、報道が嫌気され
大きく株価を下げていました。

ツイッターは、
44.14ドル(▼2.51ドル/▼5.38%)

関連記事はこちら↓
9日東京市場の動き

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る