米国株式(12日)主要3指数は反発。ナスダックは史上最高値更新。

12日の米国市場

7/12(終値)前日比/前日
NYダウ24,924.89ドル+224.44ドル(+0.91%)
S&P5002,798.29+24.27(+0.87%)
ナスダック7,823.91+107.30(+1.39%)
原油(WTI)70.33▼.005
米10年国債(金利)2.85%2.85%
VIX(米国恐怖指数)12.5813.63
AAPL(アップル)191.03ドル+3.15ドル(+1.68%)
AMZN(アマゾン)1,796.62ドル+41.62ドル(+2.37%)

中国上海市場の上昇で、安心感

12日の米国株式市場は、主要3指数とも
反発。ナスダックは、いつのまにか(!)
史上最高値を更新しています。

米中貿易摩擦問題が、くすぶるなか
アジア市場で、中国上海総合指数指数が
2%超の大幅反発となったことで、

過度な警戒感が後退。取引前に市場予想を
上回る決算を出す企業などもあって、安心感
が広がっているようでした。上記のように
先行きの投資家心理をしめす、

(恐怖)VIX指数は、前日の13.63から
12.58に低下しています。

ハイテク強し

12日の主役は、ナスダック総合指数が
しめすように、ハイテク大手企業。

フェイスブック(FB )
206.92ドル( +4.38ドル /+2.16%)
(高値は、207.08ドル)
アマゾン(AMZN +2.37%)
(高値は1,798ドル)
が上場来の高値を更新し、

マイクロソフト(MSFT +2.17%)
アルファベットのグーグル(GOOGL +2.54%)
も取引時間中に最高値を更新しています。

ハイテク関連が市場全体を押しあげました。

この日注目されたのは、マイクロソフト。
終値ベースで、
104.19ドル(+2.21ドル/+2.17%)
(高値は104.41ドル)
時価総額が8,000億ドルを初めて
突破。

すでに、8,000億ドルを超えている
アップル、アマゾン、アルファベットとともに
初の1兆ドル大台のせを競っています。

関連記事はこちら↓

米国株式市場(11日)は反落、米中貿易摩擦悪化への懸念で。

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る