マーケットを実感する

米国株式市場(30日)は、金利上昇懸念から大幅に下落。

更新日:

長期金利上昇懸念で大幅下落の米国市場

昨日、30日の米国株式市場
は、長期金利の上昇懸念から

大幅に下落しています。
(米国10年債の利回りは
2.73%近辺)

-ニューヨークダウは
26,076.89ドル
(前日比▼362.59、-1.37%)

-S&P500
2,882.43
(-1.09%)

-ナスダック
(-0.86%)

ハイテク株と新興国への懸念?

米長期金利の上昇は、
銀行株等の金融株には
プラスとして働くも、

これまで、マーケットを引っ張ってきた
主力のハイテクや、

先行きの業績期待から、割高に買われて
きているとみられる、高PER(株価収益率)
の企業などは調整が必要かもしれません。

また、新興国から金利の高い米国に資金が
還流し、新興国市場が混乱するケースも
想定され、リスク回避の動きになると

指摘する市場関係者もいました。

おっかなびっくりの東京マーケット?

本日の東京株式市場は、
午前中の段階では、

先日の下げがあるだけに
日経平均株価は、

24.75円安の
23,262.22円

と小幅安の状況です。
円-ドルは、109円台へ。

あわせて読みたい↓
1月4週海外投資家は大幅な売り越しも個人に・・・

-マーケットを実感する
-, ,

Copyright© 米国株入門、アメ株チャレンジ! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.