1月4週、海外投資家は大幅な売り越しも個人投資家に変化が。

海外投資家の売り続く

JPX(日本取引所グループー
東京証券取引所、大坂取引所を含む)
によると、

1月第4週(1/22〜1/26)
の投資部門別売買・取引状況では、

海外投資家は、

現物▼3,560億円の売越
先物 ▼4,688億円売越

年明け、1月(1/4〜1/26)に入って
からは、

現物 ▼1,247億円の売越
先物 ▼ 12,170億円の売越

で合計 ▼13,417億円の売越。

海外投資家は、自国の株式
市場の好調さもあって、

先週同様に、

日経平均株価が、

24,000円(1/18)の大台超えた
あたりで、利益確定を優先させて
いると考えられます。

24,000円が、彼ら(海外投資家)の
ひとつの目安?と個人的には
見ています。

ただ、先物の大幅な売越は、
同期間(1/22〜26)の円高

110円台後半から、108円台への
動きからすると、

ヘッジファンドが、
円買い、日経平均売りのペア
トレードをしていた可能性も

考えあわせておく必要があると
思います。

個人投資家は買いスタンスへ

一方、

個人投資家は、
信用取引で大幅に買越になっている
ことや、

現物株も売越から買越になってきて
いることからも、

これまでの、株価があがると売り、
下がると買う、

『逆張り』から

株高の継続、期待から、
上昇の流れにそのままのる

『順張り』へと

投資スタンスを
変えつつあるのでは、と

今朝の日経新聞は伝えています。

また、日銀による、

同期間(1/22〜1/26)の
ETF(上場型投資信託)購入額は、

1,530億円で、(1月の累計、
26日までに、3,735億円)
となっています。

関連記事はこちら↓

1月3週、1月の海外投資家の先物売越し継続を確認!?

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る