マーケットを実感する

米国市場(2日)は大幅下落。金利上昇とアップル期待はずれの決算で。

更新日:

強い雇用統計で金利上昇

2日の米国株式市場は、

強い1月の雇用統計
失業率 4.1%、
非農業部門雇用者数
前月比+20万人 予想18万人)
の発表を受けて、

米国10年国債の利回りが
4年ぶりの水準まで上昇(2.84%)。

急激な金利の上昇をマーケットは、
嫌ったと市場関係者。

主要3指数(いずれも終値)は、

ニューヨークダウが
▼665.75ドル安(-2.54%)の
25,520.96ドル

S&P500は
▼59.85(-2.12%)下落し
2,762.13

ナスダックも
▼144.92(-1.96%)下げ、
7,240.95

と大幅下落。

アップルとアマゾン

四半期決算で、
市場の期待?に答えられなかった

アップル(AAPL)が売られたことも
マーケットには、ネガティブにとらえ
られたようです。因みに

アップルの第1四半期
(10〜12月,12月期)の決算では、

主力のiPhoneの出荷台数が
予想8150万台に対し、

結果は、7730万台
となっていました。

株価は、
160.50ドルと前日比、

▼7.28ドル(-4.34%)
と大きく値下がりしています。

また、グーグルのアルファベット
(GOOGL)も

四半期決算を受け、
前日比マイナスの
62.39ドル(-5.28%)

1,119.2ドル

までの下落となっていました。

順調すぎるくらいのここまでの
上昇でしたので、一服しても
不思議ではないのですが、

さすがに、一日で600ドル以上の
下げには、驚かされます。

ただ、アマゾン(AMZN)の
ように、

1,429.95ドル(前日比+39.95ドル
、プラス2.87%)

四半期決算が、予想を上回り、来期
の見通しが期待以上であれば、
買われる、株もあるので、

今の市場に悲観的になりすぎる
こともないと思われます。

関連記事はこちら↓
1月4週、海外投資家は大幅な売り越しも個人投資家に変化が

 

 

 

-マーケットを実感する
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© 米国株入門、アメ株チャレンジ! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.