米国市場(7日)は上昇。好調な企業決算で投資家心理も改善?

7日の米国市場

8/7(終値)前日比/前日
NYダウ25,628.91ドル+126.73ドル(+0.50%)
S&P5002,858.45+8.05(+0.28%)
ナスダック7,883.66+23.99(+0.31%)
原油(WTI)69.07+0.06
米10年国債(金利)2.97%2.94%
VIX(米国恐怖指数)10.9311.27
AAPL(アップル)207.11ドル▼1.96ドル(▼0.94%)
AMZN(アマゾン)1,862.48ドル+14.73ドル(+0.80%)

恐怖指数(VIX指数)は、1月以来の低水準

7日の米国株式市場、主要3指数はいずれも上昇。
S&P500は、1月26日につけた、過去最高値の
2872.87までもう少しの水準です。
ハイテク大手の

アップル(AAPL)は、利益確定におされ
下げてはいましたが、アマゾン(AMZN +0.80%)や

アルファベットの
グーグル(GOOGL) は
1,255.84ドル
(18.17ドル/+1.47%)
と堅調な動きでした。

好調な企業決算に支えられ、強気のコメントが
市場関係者から聞かれ、投資家の先行きの不安心理
を示すとされる、VIX指数(恐怖指数)も

10.93と、1月以来の低い水準となっています。

テスラ株を非公開化?

電気自動車大手のテスラ(TSLA)のイーロン・マスク
CEO(最高経営責任者)は、この日

テスラ株式の非公開化を1株あたり420ドルで
検討しており、資金を確保したとツイッターに
投稿。これを受け、テスラ株は一時売買停止となる
ほどで、株価は

379.57ドル(+37.58ドル/+10.99%)
と急騰していました。

なにかと問題発言の多いマスク氏の真意は
わかりませんが、今後の展開が注目されます。

前日の米国市場について↓
米国市場(6日)、不透明感を残しつつも上昇。

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る