米国株式市場(1日)、トランプ政策に迷う。アップルは最高値更新。

1日の米国市場

8/1(終値)前日比/前日
NYダウ25,333.82ドル▼81.37ドル(▼0.32%)
S&P5002,813.36▼2.93(▼0.10%)
ナスダック7,707.28+35.49(+0.46%)
原油(WTI)68.76▼1.37
米10年国債(金利)3.00%2.96%
VIX(米国恐怖指数)13.1512.83
AAPL(アップル)201.50ドル+11.21ドル(+5.89%)
AMZN(アマゾン)1,797.17ドル+19.73ドル(+1.11%)

トランプ政権、強気

1日の米国株式市場は、
ダウとS&P500は下落、
ナスダック続伸。

トランプ政権が2,000億ドル相当の中国製品に対し、
10%ではなく、25%の輸入関税を提案することを
計画していることが伝わり、

貿易摩擦を巡る懸念が高まり、マーケットの
重しとなっていました。

この日まで、開催されていたFOMC(連邦公開市場委員会)
では金利は据え置かれたものの、9月の利上げを実施する
下地は固めつつあることが確認されました。

また、長期金利は6月13日以来の3%台のせています。

アップル、1兆ドル、目前!

個別企業では、
前日の四半期決算が好感された
アップル(AAPL)が
終値としては、過去最高値を更新。

自社株買いによる発行済株式数の減少により
水準は切り上がってはいますが、
米国上場企業としては、初めて時価総額1兆ドルとなる
207ドルまで、手前のところまで来ています。

前日の米国市場↓
31日米国市場は、通商協議進展?で反発。アップルは好決算

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る