再スタート、準備中。 ボタン

米国株式市場(1日)、トランプ政策に迷う。アップルは最高値更新。

[table id=63 /]

目次

トランプ政権、強気

1日の米国株式市場は、
ダウとS&P500は下落、
ナスダック続伸。

トランプ政権が2,000億ドル相当の中国製品に対し、
10%ではなく、25%の輸入関税を提案することを
計画していることが伝わり、

貿易摩擦を巡る懸念が高まり、マーケットの
重しとなっていました。

この日まで、開催されていたFOMC(連邦公開市場委員会)
では金利は据え置かれたものの、9月の利上げを実施する
下地は固めつつあることが確認されました。

また、長期金利は6月13日以来の3%台のせています。

アップル、1兆ドル、目前!

個別企業では、
前日の四半期決算が好感された
アップル(AAPL)が
終値としては、過去最高値を更新。

自社株買いによる発行済株式数の減少により
水準は切り上がってはいますが、
米国上場企業としては、初めて時価総額1兆ドルとなる
207ドルまで、手前のところまで来ています。

前日の米国市場↓
31日米国市場は、通商協議進展?で反発。アップルは好決算

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる