JPX日経インデックス400、入れ替えの季節が今年もやってきた!!

5回目の入れ替え

8月7日、JPX(日本取引所グループ)から、JPX日経インデックス400(以下JPX日経400)の定期入れ替えが発表されています。2014年1月の指数算出開始以来、5回目の定期入れ替えになります。資本の効率的活用や投資家を意識した経営観点など、グローバルな投資基準として要求される諸条件を満たした『投資魅力の高い会社』で構成される指数が、JPX日経400です。日本企業の魅力を内外にアピールするとともに、その持続的な企業価値向上を促し、株式市場の活性化を図ることを目指します。

ポイントJPX日経400は、東証第一部、第二部、東証マザーズ、JASDAQに上場する企業の中から、過去3期の財務データや直近3年間の流動性などからふるい分け(スクリーニング)をおこない過去3年平均ROE(自己資本比利益率)などの定量的指標を使った評価に、さらに独立した社外取締役の選任状況などについて定性的な評価を加味し、スコアの高い順に400銘柄(企業)が選ばれます。

任天堂、リクルートなど今、旬の企業が追加

今回の入れ替えでは、別表の通り任天堂やリクルートホールディングスなど26銘柄が追加される一方、リコー、高島屋など25銘柄が除外されることになりました。(新規採用銘柄のほうが1銘柄多いのは、前回の入れ替え以降上場廃止に伴い除外となった銘柄あり、399銘柄となっていたためです。)

追加銘柄(26銘柄)

マルハニチロ(1333)ポーラ・オルビスホールディングス(4927)三井海洋開発(6269)
西松建設(1820)出光興産(5019)ゼンショーホールディングス(7550)
森永製菓(2201)JXTホールディングス(5020)任天堂(7974)
すかいらーくホールディングス(3197)コスモエネルギーホールディングス(5021)日本ユニシス(8056)
SUMCO(3436)ニチアス(5393)丸井グループ(8252)
TIS(3626)古河電気工業(5801)PALTAC(8283)
昭和電工(4004)東プレ(5975)九州電力(9508)
電通(4324)テクノプロ・ホールディングス(6028)カプコン(9697)
エン・ジャパン(4849)リクルートホールディングス(6098)

除外銘柄(25銘柄)

大王製紙(3880)ミツバ(7280)中国銀行(8382)
日本化薬(4272)リコー(7752)山口フィナンシャルグループ(8418)
東洋ゴム工業(5105)セイコーホールディングス(8050)興銀リース(8425)
住友大阪セメント(5232)サンリオ(8136)ジャフコ(8595)
ニューフレアテクノロジー(6256)高島屋(8233)カブドットコム証券(8703)
イーグル工業(6486)群馬銀行(8334)西日本鉄道(9031)
日本航空電子工業(6807)スルガ銀行(8358)南海電気鉄道(9044)
東京きらぼしフィナンシャルグループ(7173)ほくほくフィナンシャルグループ(8377)バローホールディングス(9956)
日信工業(7230)

過去記事から↓

JPX日経インデックス400は、日経平均株価にも負けません!?

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る