再スタート、準備中。 ボタン

経済指標を無難に乗り切る!?米国株式市場。今週のポイントは?

コロナ禍からの経済、景気回復過程で、積極的に行われた、アメリカ財政・金融政策でしたが、ここへきての注目はポイントは、副作用としてのインフレへの懸念と、それに対する金融当局(FRB)の対策がいつ始まるのかということでした。6月末から先週までの経済指標では、おおむね、「インフレや引き締めに対する懸念を強めるほどではなかった」とポジティブに解釈をしていたようです。

目次

7月前半の経済指標スケジュール

6月29日(火)4月S&PコアロジックCS住宅価格指数←発表
6月29日(火)6月消費者信頼感指数←発表
7月1日(木)6月ISM製造業景況指数←発表
7月1日(木)OPEC定例総会←5日の再開
7月2日(金)6月非農業部門雇用者数の増減←発表
7月2日(金)6月失業率←発表
7月6日(火)6月ISM非製造業景況指数←今週はここからです。
7月7日(水)FOMC議事録(6/15-16日分)
7月9日(金)G20財務相、中央銀行総裁会合(ベネチア、10日まで)
7月前半版米国重要スケジュール

米国株式市場の動きは?

6/28(月)の発表前と7/2発表後の主要3指数の動きはそれぞれ、

主要3指数6/28(月)7/2(金)上昇率
ニューヨークダウ34,283.2734,786.351.47%
S&P500 4,290.61 4,352.341.44%
ナスダック総合指数14,500.5114,639.330.96%
主要3指数の動き(いずれも終値)

ご存知の通り、S&P500とナスダック総合指数は、過去最高値を更新、NYダウは終値での最高値更新(5/10に35,091.56ドルがあります)でした。今週も短期的には、経済指標等の数字や金融当局の発言に右往左往しそうです。

米国経済はあいかわらず、好調?

先週の関連記事です。ご参考

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる