MENU
再スタート、準備中。 ボタン

ケース・シラー住宅価格指数で米国景気をみる!経済指標等スケジュール7月前半版

はやいもので、7月になります。国内ではビックイベントの開催を控えていますが、マーケットのほうは大きなショックを乗り越えた後の経済、景気回復を織り込み、次の短期的な”良いニュース”と”悪いニュース”を模索しています。知っておきたい米国経済指標など、マーケット関係者が気にしているニュースをスケジュールの順番に解説していきます。ー米国時間

目次

重要経済指標などのスケジュール

6月29日(火)4月S&PコアロジックCS住宅価格指数
6月29日(火)6月消費者信頼感指数
7月1日(木)6月ISM製造業景況指数
7月1日(木)OPEC定例総会
7月2日(金)6月非農業部門雇用者数の増減
7月2日(金)6月失業率
7月6日(火)6月ISM非製造業景況指数
7月7日(水)FOMC議事録(6/15-16日分)
7月9日(金)G20財務相、中央銀行総裁会合(ベネチア、10日まで)
7月前半版米国重要スケジュール

S&PコアロジックCS住宅価格指数

正式名称は「S&P CoreLogic Case-Shiller Home Price Indices(S&Pコア・ロジック・ケース・シラー住宅価格指数)

毎月全米10大都市圏、20大都市圏について公表され、四半期ごとに米国全土を調査対象として指数は発表されています。全米主要都市の一戸建て住宅の価格動向を示す指数。「リピート・セールス」という再販価格を基に算出。

10大都市とは、ボストン、シカゴ、デンバー、ラスベガス、ロサンゼルス、マイアミ、ニューヨーク、サンディエゴ、サンフランシスコ、ワシントンD.C.

20大都市は、これにアトランタ、シャーロット、クリーブランド、ダラス、デトロイト、ミネアポリス、フェニックス、ポートランド、シアトル、タンパが加わります。調査月の翌々月下旬に発表されます。アメリカ国内の住宅価格動向を知る上で代表的な指数ですが、住宅価格は、アメリカの個人消費動向にも大きな影響を与えるので、米国景気指標の一つとして、注目度合いが高くなっています。-追記 6月29日の発表を受け、ニュースではこのように↓報道されていました。

米S&Pダウ・ジョーンズ・インディーズが29日に発表した4月のS&Pコアロジック・ケース・シラー住宅価格指数(主要20都市)は前年比14.9%上昇し、2005年12月以来15年超ぶりの大幅な伸びとなった。ロイターがまとめたエコノミスト予想は14.5%上昇だった。3月は13.4%上昇していた。・・・全国的な住宅価格の高騰は供給が限られていることが主な要因。最も大きく上昇したのは、フェニックス、サンディエゴ、シアトルだった。

-6/29 ロイターより抜粋

ケース、シラー両教授のCとS

カール・ケース( Karl E.Case-ウェルズリー・カレッジ)とロバート・シラー(Robert James Shiller-エール大学、2013年ノーベル経済学賞受賞)両教授らが開発した指数。2人が中心となって設立したケース・シラー・ワイス社(CSW)によって実用化され、同社がファイサーブ社に買収されてからは、同社(現ファイサーブCSW社)が算出をして、格付け会社の大手S&P社が発表をしています。

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

男子孫2人を持つ、60才越えの元証券マン。現在は金融機関営業員向けにファンドの勉強会とファンド初心者からベテラン投資家まで幅広い層にセミナーを開催。米TVドラマと米4大スポーツが好きが高じて?いや自然の流れで米国株、アメ株にハマる。好きな選手は、カリー(NBA)ともちろん、翔平君(MLB)。

コメント

コメントする

目次
閉じる