12月4週と1月1週の投資家の動き、国内勢が支えた12月

12月4週(25日〜28日)/1月1週(1/4のみ)投資家の動き

 海外投資家個人事業法人信託銀行日銀ETF日経平均株価
12月1週▼6,001+2,220+1,558+2,0312,16921,678(12/7)
12月2週▼1,246+218+967+1,4152,16921,374(12/14)
12月3週▼3,263▼1,065+185+1,1202,16920,166(12/21)
12月4週▼578▼1,703▼19+1,4091,45420,014(12/28)
1月1週▼2,086+416+209+20871619,561(1/4)
現物のみ。単位億円。+は買越、▼は売越をあらわします。日銀は、ETFの購入金額。日経平均株価は、月末の終値、週ベースはその週末の終値。円まで。

 

日経平均株価の下げは止まらず!?

JPX(日本取引所グループ)によると、12月4週(12/25-12/28)、1月1週(1/4のみ)の投資部門別売買状況、海外投資家は4週を(現物▼578億円、先物▼724億円)合計▼1,302億円の売越、新年の1週1/4のみの取引で、(現物▼2,086億円、先物+1,308億円)合計▼777億円の売越。合計での売越は、5週連続、現物での売越は、8週連続でした。

個人は4週を(現物▼1,703億円、先物▼1,177億円)合計で▼2,880億の売越、翌1週(現物+416億円、先物▼25億円)合計391億円の買越。信託銀行は、4週(現物+1,409億円、先物+661億円)合計+買越2,070億円、1週(現物+208億円 先物▼274億円)。

信託銀行による現物の買越は、7週連続。その他目立つところでは12/25〜1/4の2週間で、投資信託が+1,002億円、事業法人が+190億円の買越となっていました。

海外投資家の凄まじい売り

大荒れに荒れた、2018年、12月(12/3-12/28)月間でも、当然のことながら海外投資家が、莫大な売越。(現物▼1兆1,458億円 先物▼8,988億円)合計2兆446億円と、凄まじい売りを日本株に浴びせていたことになります。12月は、日経平均株価で、22,574円(3日)→20,014円(28日)の動きでしたが、

特に、12月18日から25日までに▼2,351円と大きく下げ、19,155円をつける展開。(※いずれも、終値)海外投資家のこれでもかと、言うぐらい?の売り攻勢が、そのまま株価に反映されたカタチとなりました。

これに対し、12月は信託銀行(国内年金)が+5,977億円、投資信託が+5,213億円、事業法人が+2,692億円と現物株を丹念に拾い、さらには、日銀によるETF購入が、7,733億円ありましたので、結果としては日経平均20,000円を長期的な資金としての性格を持つ、国内勢が死守してくれました。2018年12月は、

短期的なヘッジファンドを中心とする、海外投資家の売りvs長期的な国内機関投資家の買いが、東京マーケットで行われていたことになります。

2018年、日銀によるETF購入額は6兆円4,850億円。

日銀は12月4週も、(設備・人材投資に積極的な企業を組み入れるETFを4営業日で、12億円ずつ。)48億円と通常型ETF(TOPIX型)を703億円×2日で1,406億円、合計1,454億円購入。この結果、2018年、日銀によるETF購入は、全体で、6兆4,850億円となりました。およそ6兆円の予定に対し、5,000億円近くオーバー?したことになりますが、特に11月以降の大波乱のマーケットを支えてくれたのは、間違いありません。(日銀のサイトより。)。

関連記事はこちら↓

12月3週、FOMCで動揺のマーケットを買ったのは?

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=244 /] パウエル議長発言効果と米中貿易問題解決へに期…

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る