『世界最先端の戦略がわかる〜amazon〜この1社さえ知ればいい』

『世界最先端の戦略がわかる〜amazon〜この1社さえ知ればいい』

成毛 眞著〜ダイヤモンド社

「数年以内に、アマゾンの商品はドローンで配達されることだろう。ドローンの基地を空に作ることを計画し、特許まで出願している。配達の際、人の姿はなく、ドローンがアマゾンの箱を目の前で降ろして、飛び立つ光景が目に浮かぶ。

アマゾンは、顧客の望みを叶えるために、テクノロジーでインフラを整えてきた。いまや、AI、自動運転、顔認証や翻訳システムにまでに投資している。アマゾンの投資先を知れば、この先の世界がわかるといってもいい。

繰り返すが、アマゾンは「帝国」を築きつつある。そして、アマゾンの今を知ることは、ビジネスの最先端を知ることであり、未来の社会を知ることと同義なのだ。」

アマゾンエフェクト

私が、最も印象的だったのは、「アマゾンエフェクト」という言葉。アマゾンエフェクトとは(アマゾンがなにかビジネスをはじめることで)個別の企業の消滅、産業そのものの消滅、またはまったく新しい産業の勃興につながっているという、成毛氏の解説でした。

テクノロジーを最大限に活用し、巨大企業となったアマゾン。おぼろげながら、未来が見えたような気がします。

 

私はkindle版を、待ちに待った、防水機能のついた、「Kindle Paperwhite」”32GB Wi-Fi 広告つき Newモデル”で読みました。下のものより、2,000円安いです。読書に集中できます。

 

アマゾンについて↓

eコマース事業の将来性に賭けたジェフ・ベゾス、世界一のお金持ちに②

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る