MENU
再スタート、準備中。 ボタン

eコマース事業の将来性に賭けたジェフ・ベゾス、世界一のお金持ちに②

目次

ヘッジファンドをやめ、アマゾンを創業

アマゾンの創業者、ジェフ・ベゾスは、大学(プリンストン)を卒業後、ウォルストリートの金融機関のIT部門で、トレーディングシステムの構築に従事。

1990年にヘッジファンドD.E.Shaw &Co.に移籍。シニア・バイス・プレジデントまでに昇進するも、1994年春にWWW(World Wide Web)の利用率が増加していることに気付き、eコマース事業が将来的に大きなビジネスチャンスになるであろうと、ヘッジファンドを退社し、夫人とともにシアトル(ワシントン州)に移住しています。

そして、同年、インターネット書店のCadabra.comを開業、翌1995年7月には、Amazon.comとして正式にスタートしています。(Wikipediaより)

ビル・ゲイツを抜き、ダントツの世界一に

その後(アマゾン・ドット・コム①を参照してください)の、驚異的な成長によって、株価もうなぎのぼり。2018年(3月)のフォーブズ(Forbes)の世界長者番付で、それまで、24年間連続首位であった、マイクロソフトのビル・ゲイツをおさえ、ジェフ・ベゾスが初めて首位になりました。資産総額は、1,120億ドル(1ドル=105円換算で、11兆7600億円)。このときの株価が、だいたい、1,500ドル台でしたので、(1兆ドル企業となった、株価2,050ドルの過去最高値からは下落したとはいえ)直近の株価、1,600ドル台では、さらに資産が増えていることになります。

因みに、2位のビル・ゲイツは、900億ドル(9兆4500億円)ですので、2兆円以上!?の差。2兆円以上の差って・・・

アマゾンのない世界なんて・・・

プライム会員になり、買い物だけではなく、キンドル、プライム・ビデオ、ミュージック、さらには、AWS(アマゾンのクラウド事業)、気がつくと、いつのまにか、アマゾンは、我々の生活に深く入り込み、その便利さと、低価格で、なくてはならないものになっています。きっと、世界中の人々が同じような、感覚にとらわれているのでしょうね。

成長性が半端ない、アマゾン①↓

成長性が半端ない、アマゾン(AMZN)。FAANGのAは、アマゾン①

 

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

男子孫2人を持つ、60才越えの元証券マン。現在は金融機関営業員向けにファンドの勉強会とファンド初心者からベテラン投資家まで幅広い層にセミナーを開催。米TVドラマと米4大スポーツが好きが高じて?いや自然の流れで米国株、アメ株にハマる。好きな選手は、カリー(NBA)ともちろん、翔平君(MLB)。

コメント

コメントする

目次
閉じる