JPX400(6日)、東京市場は反発。材料出尽くし?で買い先行。

6日の東京市場

7/6(終値)前日比/前日
日経平均株価21,788.14円+241.15円(+1.12%)
TOPIX(東証株価指数) 1,691.54+15.34(+0.92%)
JPX日経平均40014,993.59+137.13(+0.92%)
売買代金(東証一部)2.42兆円2.25兆円
10年国債利回り0.0320.032

不透明要因が一つ減った?

6日の東京市場は、主要3指数とも上昇して
今週の取引を終えています。日経平均は、
5日ぶりの反発。

メルケル首相(独)やドイツの駐米大使などから
の米国、EU間の貿易摩擦問題解決にむけての
前向きな発言(FOMC議事録も好感)で、
前日の米国市場が上昇した流れをうけ、

東京マーケットも買いが先行。午前中は伸び悩むも
午後に入り、実際に米国の追加関税措置が発動され
ると、材料出尽くし?で、中国株の上昇もサポート
となり、一時は日経平均でも、300円を超える値上が
りを見せました。

追加関税措置は、予想の範囲内のものであり、中国の
対抗措置もエスカレートする状況になっていないこと
も投資家に安心感を与えていたと思います。

しかし、
来週以降も、米中の貿易摩擦に関する、要人の
発言や報道に振り回される展開は続くものと
思われます。

JPX400→JPX日経インデックスとは↓

JPX日経インデックス400は、日経平均株価にも負けません!?

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る