JPX400、5日の東京市場は処分売りなどで、軟調な動き。

5日の東京市場

7/5(終値)前日比/前日
日経平均株価21,546.99円▼170.05円(▼0.78%)
TOPIX(東証株価指数) 1,676.20▼17.05(▼1.01%)
JPX日経平均40014,856.46▼139.75(▼0.93%)
売買代金(東証一部)2.25兆円2.13兆円
10年国債利回り0.0320.037

上海市場の動きがマーケットを左右?

5日の東京株式市場、3主要指数とも軟調な動き。前日の米国市場がおやすみで、午前中は方向感のない動きでしたが、午後からは最近のパターン?で、中国上海市場の下落に合わせるように、株式先物が主導するカタチで、日経平均をはじめとする、主要指数も値を下げることになりました。日経平均は4日続落。

6日に発動される、米国の中国に対する制裁関税(500億ドルのうち、340億ドル)をみたいという投資家の様子見姿勢のなか、短期筋の売り仕掛けで、下げ幅を拡大していたのではと、指摘する一部市場関係者がいました。

個人投資家の処分売りも

また、今年にはいってからの安値銘柄が、500を超えてきており、1月に高値をつけた銘柄の信用期日にともなう個人投資家の処分売りも多くでているようでした。

いずれにしても、米中貿易摩擦の行方に神経質にならざるをえない状況ですが、米国側からすると、11月の中間選挙までは、米国民を意識した、強気の外交政策ということになります。

ピックアップ記事:ニューヨーク・ダウの銘柄入れ替えについて

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る