東京市場(13日)先物主導で、大幅反発。アップル関連に売りが・・・

13日の東京市場

9/13(終値)前日比/12日
日経平均株価22,821.32円+216.71円(+0.96%)
TOPIX(東証株価指数) 1,710.02+18.70(+1.11%)
JPX日経平均40015,143.27+164.99(+1.10%)
売買代金(東証一部)2.34兆円2.36兆円
10年国債利回り0.1160.116

米中間の通商協議の進展に期待

13日の東京市場、日経平均をはじめ主要指数は大幅反発。米中による、通商協議再開への期待で、先物にショートカバー(売っていた投資家の買い戻し)をきっかけに、現物株にも買いが入り(裁定買いなど)、全体の上昇となりました。また取引がはじまる前に発表された、国内の7月機械受注が、2年半ぶりの大幅増となったことも好感されていました。一方で、「明日14日のメジャーSQ(先物、オプションの決済価格算出日)に絡んだ特殊要因の株高で手放しで喜べない」と冷めた見方をする、市場関係者がいました。

アップル関連の電子部品株、売られる

個別銘柄では、村田制作所(銘柄コード 6981)16,790円(▼225円/▼1.32%)、やアルプス電気(6770)2,999円(▼151円/▼4.79%)、TDK(6762)11,050円(▼450円/▼3.91%)の電子部品株が大きく値下がり。

米国時間12日に、新型iPhoneを発表したアップル(AAPL)でしたが新鮮味に欠ける?のではと、株価がさえない動き(1.2%安)であったため、部品需要の先行きに懸念が広がり、アップルとの関連が強い部品株が、売りが出ていたようです。

12日の米国市場↓

米国市場(12日)ダウは小幅高。新機種発表のアップルは下落。

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る