マーケットを実感する

東京市場(13日)先物主導で、大幅反発。アップル関連に売りが・・・

投稿日:

13日の東京市場

9/13(終値)前日比/12日
日経平均株価22,821.32円+216.71円(+0.96%)
TOPIX(東証株価指数) 1,710.02+18.70(+1.11%)
JPX日経平均40015,143.27+164.99(+1.10%)
売買代金(東証一部)2.34兆円2.36兆円
10年国債利回り0.1160.116

米中間の通商協議の進展に期待

13日の東京市場、日経平均をはじめ主要指数は大幅反発。米中による、通商協議再開への期待で、先物にショートカバー(売っていた投資家の買い戻し)をきっかけに、現物株にも買いが入り(裁定買いなど)、全体の上昇となりました。また取引がはじまる前に発表された、国内の7月機械受注が、2年半ぶりの大幅増となったことも好感されていました。一方で、「明日14日のメジャーSQ(先物、オプションの決済価格算出日)に絡んだ特殊要因の株高で手放しで喜べない」と冷めた見方をする、市場関係者がいました。

アップル関連の電子部品株、売られる

個別銘柄では、村田制作所(銘柄コード 6981)16,790円(▼225円/▼1.32%)、やアルプス電気(6770)2,999円(▼151円/▼4.79%)、TDK(6762)11,050円(▼450円/▼3.91%)の電子部品株が大きく値下がり。

米国時間12日に、新型iPhoneを発表したアップル(AAPL)でしたが新鮮味に欠ける?のではと、株価がさえない動き(1.2%安)であったため、部品需要の先行きに懸念が広がり、アップルとの関連が強い部品株が、売りが出ていたようです。

12日の米国市場↓

米国市場(12日)ダウは小幅高。新機種発表のアップルは下落。

-マーケットを実感する
-, , , , ,

Copyright© 米国株入門、アメ株チャレンジ! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.