東京市場(31日)、大幅続伸。企業決算を好感!

 31日の東京市場

10/31(終値)30日比/30日
日経平均株価21,920.46円+463.17円(+2.16%)
TOPIX(東証株価指数) 1,646.12+34.66(+2.15%)
JPX日経平均40014,584.09+306.35(+2.15%)
売買代金(東証一部)3.48兆円4.04兆円
10年国債利回り0.1210.110

米国株高、円安、上海株堅調に好決算で

31日、10月最終日の東京株式市場は、主要3指数は大幅に続伸。前日の米国株高と1ドル=113円台の円安に支えられ上昇。また、中国上海株が、プラス圏で落ち着いていたことも、フォローとなりました。日経平均の終値は、前日比463円の高値引け。輸送用機器や電気機器等の輸出関連株に買いが入り、マーケットの上昇をけん引。

ホンダとソニー

前日に、決算発表をした、ホンダ(7267)とソニー(6758)が通期予想の上方修正をしたことで、企業業績の警戒感が後退、投資家心理が上向いていたようです。

ただ、依然、懸念材料は、残ったままであり、自律反発(急速に下げた市場が今度は、行き過ぎの反動から自然に、少し戻ることを言います。)なのか、底打ちが確認された買いなのかはまだわからないと解説する市場関係者がいました。

30日の米国市場↓

米国市場(30日)は、反発。半導体関連に買い

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る