東京株式市場(16日)は、反発。先物と値がさ株の買いは・・・

 16日の東京市場

10/16(終値)15日比/15日
日経平均株価22,549.24円+277.94円(+1.25%)
TOPIX(東証株価指数) 1,687.91+12.47(+0.74%)
JPX日経平均40014,974.64+123.46(+0.83%)
売買代金(東証一部)2.48兆円2.59兆円
10年国債利回り0.1440.149

自律反発に先物買い

16日の東京株式市場、主要3指数は反発、うち日経平均は、高値引け。自律反発で買い先行のあとは、売りにおされる場面もありましたが、押し目買いもあり、底堅く推移。午後から、指数先物に断続的な買いが入り、上げ幅を拡大して本日の取引を終了しています。

値がさ株の上昇は?

中国の9月消費者物価指数では(前年比 結果2.5%、予想2.5%)、中国景気の先行きに対する過度な懸念が後退したという見方が出て、多少安心感もあったようです。ただ、ファーストリテイリング(銘柄コード 9984)ファナック(6954)、ソフトバンクグループ(9983)の3銘柄の上昇で、日経平均を136円押し上げたことから、

先物買い→日経平均への寄与度の高い値がさ株の買い→上昇、いつもの、ヘッジファンドのお得意のパターンと指摘する市場関係者もいて、大幅な上昇でも、強気にはなれないというのが、多くの投資家の本心のようです。

15日の米国市場↓

米国市場(15日)は、決算発表前の様子見ムードのなか下落。

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る