東京株式市場(11日)も大幅に値下がり。米国株急落の流れを受け。

 11日の東京市場

10/11(終値)10日比/10日
日経平均株価22,590.86円▼915.18円(▼3.89%)
TOPIX(東証株価指数) 1,701.86▼62.00(▼3.52%)
JPX日経平均40015,080.78▼557.16(▼3.56%)
売買代金(東証一部)3.75兆円2.63兆円
10年国債利回り0.1520.158

一時、1,000円を超える下げ幅の日経平均

11日の東京株式市場は、大幅下落。日経平均株価は約1か月ぶりの安値水準、下げ幅としては今年3番目の大きさでした。10日の米国株式市場の大幅下落のながれを受け、朝方から売りが先行。寄り付き(今日最初につけた価格)がほぼ高値となる、一日を通して、下落基調の展開で、1,000円超える下落幅までありました。

瞬間、1ドル=112円をきり、111円台をつけた円高の進行や企業決算への期待感後退(安川電機 銘柄コード6506の業績予想下方修正など 安川電機の株価は▼6.07%安)もリスクオフムードに拍車をかけていたようです。

米消費者物価指数に注目

米国株式市場大幅下落の背景とされるのが、米国金利上昇。強い経済指標→インフレ懸念台頭→FRBの利上げペースが早まるかもと憶測→金利上昇→株価下落の流れを考えると、米国時間11日に発表される、9月のCPI(消費者物価指数 予想前年比2.4%)、コアCPI(食品・エネルギーを除く 消費者物価指数 予想前年比2.3%)に神経質にならざるをえません。

10日の米国市場↓

米国市場(10日)大幅下落は、米中貿易摩擦と金利上昇のせい?

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る