11日の東京株式市場、日経平均株価は、およそ3ヶ月ぶりの高値水準を回復。

3ヶ月ぶりの高値水準を回復

11日の東京株式市場、日経平均株価は
前日に比べ、+261.30円の大幅高の

22,758.48円(+1.16%)

前日の米国株式市場、
ニューヨーク・ダウの6営業日続伸の流れ
を受けて、東京株式市場も、海外投資家と
思われる買いもあり終値で、

2月2日以来、約3ヶ月ぶりの高値水準を回復。

壁となっていた、22,500円の節目を
先物主導で、超えると、好決算企業の株を買
う動きのも加わり、日経平均株価は終日高値
圏を維持していました。

ピークをむかえた決算発表では、
輸出企業を中心に、来期2019年3月期の想定為替
レートを、

1ドル=105円

とするところが多く、現在の為替水準
109円がそれよりも、円安になっていることが
安心材料となっていました。

今期よりも、来期の円高による影響に、投資家
はナーバスになっていましたので、想定レート
の見通しは、日本株買いに作用していると思います。

いずれにしても、1月〜3月末まで、
現物と先物をあわせて日本株を、
およそ▼8兆7千億円の売越し、

4月以降2兆円近く、一転買い越した海外投資家
が今後、どこまで日本株を買ってくるかに
注目が集まります。

↓関連記事はこちら。

アップル時価総額、1兆ドルも視野に。10日の米国株式市場は、続伸。

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る