東京株式市場(13日)は、底堅い動き。ただ、政治情勢に懸念!?

個人投資家は冷静、海外投資家はナーバスに

まずは、昨日、12日の
米国株式市場、ニューヨーク・ダウは

先週末に比べ、▼157.13ドル安い

25,178.61ドル(▼0.62%)。

他の主要指数は、

S&P500
2,783.02
(▼3.55 /▼0.13%)

ナスダック
7,588.33
(+27.52/+0.36%)
※ナスダックは、先週末に引き続き
さらに史上最高値を更新。
高値は7,609.10まで

2つの気になる数字

米国10年国債の利回り
2.87%(先週末2.90%)
※この値が高いほど
債券が売られ、
金利が上昇している
ことをあらわします。

米国VIX指数(恐怖指数)
15.78(先週末 14.64)
※こちらは、数字が大きいと
先行きに対する不安が高いことを
あらわします。

個人投資家の押し目買い

一方、

政治不安で、荒れる展開が
予想された、13日の
東京株式市場。

日経平均株価は、
朝方、120円ほど値下がりする
場面がありましたが、

最終的には、前日比

144.07円高い

21,968.10円(+0.66%)

で取引を終えています。

東証一部の売買代金は
2.33兆円と迫力にかけては
いましたが、

個人投資家と思われる
押し目買いも、
入り、底堅い動きでした。

そうはいっても、

「森友学園」問題に絡んだ
政治情勢の不安定さは

投資家(特に海外投資家)を
ナーバスにさせることには
変わりはありません。

長期化しないことを
のぞむ市場関係者が多く
います。

関連記事はこちら↓

日経平均(12日)は大幅高も海外投資家が嫌う政治マターがまた!

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る