日経平均(29日)は小幅反発。支えの円安はEU移民問題合意から。

2日の東京市場

7/2(終値)前日比/前日
日経平均株価21,811.93円▼492.58円(▼2.21%)
TOPIX(東証株価指数) 1,695.29▼35.60(▼2.06%)
JPX日経平均40014,998.30▼314.10(▼2.05%)
売買代金(東証一部)2.29兆円2.30兆円
10年国債利回り0.0400.040

6月最後は、なんとか前日比プラスで終了

6月最後、29日の東京株式市場は
3日ぶりの小幅反発。午前中は、昨日比
日経平均で125円ほど下げる場面も
ありましたが、午後からは、

米国と中国の貿易摩擦
問題で、特に悪材料がもなく、

欧州連合(EU)首脳会議で、移民・難民
対応について合意したことで、多少投資家
の不安心理がやわらいでいたようです。

EU首脳会議での、合意を受け、ユーロが
買われ、対ドルでも円安が進み
1ドル=110円半ばの円安と
中国上海市場をはじめ、アジアの株式市場
が落ちついていたことが、マーケットの支え
となりました。

日経平均の今日の動き。赤いラインは昨日の終値↓

引用元 日経平均株価【998407】:株式/株価 – Yahoo!ファイナンス

日経平均株価は、6/22〜6/29の間
でみても、200円ほどの下落(終値ベース)で
したが、米中貿易摩擦をはじめとする、米国の
対外通商政策への不安が、マーケットの重しと
なっていた、一週間でした。

来週のスケジュール

来週も、米国トランプ政権の対応をみての
動きとなると思われますが、注目の
スケジュールとしては、

7月2日(月)日銀短観
            米  ISM製造業景況指数(予想 58.0)
     6日(金)米-対中制裁関税発動予定
                   米-雇用統計(予想 失業率3.8%
                                    非農業部門雇用者数
            前月比+19.8万人)

 などが予定されています。

 関連記事はこちら↓
米国市場はハイテク、金融株に買い戻し(28日) 

 

 

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る