JPX400(23日)、東京市場は続落。円高と金利上昇で複雑な動き。

23日の東京市場

7/23(終値)先週末比/先週末
日経平均株価22,396.99円▼300.89円(▼1.33%)
TOPIX(東証株価指数) 1,738.70▼6.28(▼0.36%)
JPX日経平均40015,391.83▼57.48(▼0.37%)
売買代金(東証一部)2.16兆円2.39兆円
10年国債利回り0.0800.039

輸出関連株の値下がりで、日経平均株価は大幅に下落

23日の東京株式市場、大幅に値下がり、3日続落。
トランプ大統領のドル高牽制発言により、1ドル=
110円台へとドルが売られ、円高が進んだために、

電機や自動車などの輸出関連が値をさげ、
特に、日経平均株価の下落が
他の指数に比べ、目立っていました。

日銀金融政策への懸念?

一方、日銀が金融緩和の持続性向上策の検討に入った
ことが明らかになり、政策の先行きに不透明感が浮上。

これを嫌気した海外勢から、国債先物に売りが出てて、
金利が上昇。10年国債は、一時0.09%までに上昇
(日銀の買いオペで落ち着き)しましたが、

逆に、

金利上昇によって、収益環境が、改善する
銀行株や保険株が買われ、株価が急上昇。
時価総額の大きな金融株が値上がりしたことで、
TOPIX(東証株価指数)は、小幅な下げにとどまって
いました。

「米中貿易摩擦問題に加え、円相場の行方など
不安材料があるのは変わりはないが、
業績の上方修正で素直に買われる企業もあり、
日経平均の下げほど、悪いマーケットで
なかった」とする市場関係者もいました。

先週末の米国株式市場の動き↓
20日の米国市場はほぼ横ばい。マイクロソフトが最高値更新!

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る