マーケットを実感する

JPX日経400(12日)、東京市場は円安を材料に反発。

投稿日:

12日の東京市場

7/12(終値)前日比/前日
日経平均株価22,187.96円+255.75円(+1.17%)
TOPIX(東証株価指数) 1,709.68+7.80(+0.46%)
JPX日経平均40015,159.56+70.56(+0.47%)
売買代金(東証一部)2.31兆円2.32兆円
10年国債利回り0.0380.038

米中貿易摩擦悪化懸念よりも目先は円安?

12日の東京株式市場、日経平均は反発。

トランプ政権が追加で、2,000億ドル
(約2.2兆円)相当の中国製品に10%の
関税を適用する方針を明らかにしたことで
貿易摩擦再燃、悪化への懸念に
よる下げは、すでに昨日経験しているため、

今日は、シンプルに1ドル=112円台の円安が、
マーケット全体の上昇を支えていました。
日経平均は、昨日の下落分を戻すカタチの
動きでした。

内需株が引っ張る

海外市場も今回の米国の措置を消化できていない
ところはあるものの、特に大幅な下落にならなかった
ことで、とりあえずは一安心ということもあった
ようです。人民元安に揺れる中国、上海市場の落ち着き
もプラスに働きました。

それでも、業種別では、内需株に比べ、景気敏感や
輸出関連の電機株などが、軟調な動きだったところ
をみると、ここから買い上がるには、貿易摩擦問題が
大きく立ちはだかっていることには変わりない、
東京マーケットです。

関連記事はこちら↓

米国株式市場(11日)は反落、米中貿易摩擦悪化への懸念で。

 

-マーケットを実感する
-, , , , , , ,

Copyright© 米国株入門、アメ株チャレンジ! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.