日経平均株価(30日)は、米イベント待ち様子見も、大幅下落。

米国イベント待ちで様子見の東京株式市場

30日の東京株式市場、
国内では、
個別企業の決算発表が、

米国では
トランプ大統領の一般教書演説
(1/30 現地)や

米連邦公開市場委員会(FOMC)
(1月30日、31日現地)
など重要イベントを控え

全体的に様子見のなか、
海外投資家とみられる?

先物の売りもあり、

日経平均株価は、下落し、
▼337円37銭安の

23,291.97円

年明け最初の値段近辺まで、
下落しています。

米国の株式市場の下落で、
日本以外のアジア各国の市場
が軒並み安となっていたことも

不安心理を誘いました。

世界的に株式市場が順調に上昇して
きていただけに、

一時的な調整とみるか、

このままずるずると下げる
嫌な感じ?と、読むかは判断の分かれる

ところですが、個人的には
ほどよい調整とみて、対応したいと
思います。

1月4週、海外投資家は大幅な売り越しも個人投資家に変化が。

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る