日経平均(5日)は米国株大幅安と連動で、600円近くの値下がり。

米国株大幅安と連動

米国の金利上昇を端を発する、

米国株式市場の大幅な値下がり
の動きそのままに

5日の東京株式市場も大きく
下落しています。

日経平均株価は、
▼592.45円安の(-2.55%)
22,682.08円

今年に入ってからの
高値である、
1月23日の

24,124.15円(終値)

からは、▼1,442円もの
下落になっています。

最大の買い手である、
海外投資家は、

1月(1/4〜1/26)までに

現物 ▼1,247億円の売越
先物 ▼ 12,170億円の売越

で合計 ▼13,417億円と
とかなりの金額の売越となって
いましたので、

米国市場の動揺を受け、
2月も継続して、日本株を売っていても
おかしくは、ありません。

米国の金利の動きを見ながらの
神経質なマーケット環境が

落ち着くには、もう少し時間を
要するかもしれません。しかし、

日米の
好調な企業業績に裏付けられた

株式市場に、大きな変化はないと
考えます。

関連記事はこちら↓

1月4週、海外投資家は大幅な売り越しも個人投資家に変化が。

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=244 /] パウエル議長発言効果と米中貿易問題解決へに期…

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る