東京市場(31日)、日経平均株価は9日ぶりの小幅な反落。

3日の東京市場

9/3(終値)先週末比/31日
日経平均株価22,707.38円▼157.77円(▼0.69%)
TOPIX(東証株価指数) 1,720.31▼15.04(▼0.87%)
JPX日経平均40015,212.85▼119.32(▼0.78%)
売買代金(東証一部)1.80兆円2.40兆円
10年国債利回り0.1100.115

日経平均は、9日ぶりの反落。

31日、8月最後の東京市場、日経平均は9日ぶりの反落。朝方は、米トランプ大統領の中国製品に対する、2000億ドル規模の追加関税を発動させる可能性があるとの見方下落した米国株式市場の流れを受け、売リが先行、下げ幅は一時190円を超えました。中国の8月製造業PMIは市場予想を上回るなどの材料で、値を戻し、午後からはプラス圏で推移していましたが、最終的には小反落で、今週の取引を終えています。

市場関係者の中には、「23,000円を近づくと、戻り売りが出て上値が抑えられるが、逆に下値の底堅さが確認できた」とする意見もありました。

8月雇用統計等、米経済指標に関心

来週は、国内にこれといった材料もなく、貿易摩擦、米重要経済指標をふまえた米国株式市場や円の方向性など今週以上に外部環境をにらんだ展開が続くことが予想されます。

30日の米国市場↓

米国市場(30日)は反落も、アマゾン、アップルが過去最高値更新!

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る