JPX400(20日)反落。売買代金は今年2番目の少なさ。

20日の東京市場

8/20(終値)先週末比/17日
日経平均株価22,199.00円▼71.38円(▼0.32%)
TOPIX(東証株価指数) 1,692.15▼5.38(▼0.32%)
JPX日経平均40015,001.81▼36.66(▼0.24%)
売買代金(東証一部)1.67兆円1.84兆円
10年国債利回り0.0990.104

売買代金は今年、2番目の少なさ

週明け、20日の東京市場は
主要3指数とも、反落。

今年2番目に少ない売買代金が示すように、
米中貿易問題に関する、週内のイベントや
トルコ情勢等を見極めたいとする、様子見
ムードのマーケットでした。

朝方は、1ドル=110円40銭台の円高を理由に
株価も軟調に推移していましたが、
中国の上海市場の落ち着いた動きをみて
さらに大きく売り込まれるような、状況には
ならなかったようです。

米中トップ会談の実現は?

米中貿易摩擦進展への期待から、上昇した
先週末の米国株式市場でしたが、

米中閣僚レベルの協議やさらには、トランプ、習近平の
トップ会談がスケジュールにのってくるかが、(東京市場
にとっても)今後の鍵になると思います。

先週末17日の米国市場の動き↓

米国市場(17日)は続伸も半導体関連下落。アップルはまた最高値更新。

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る