JPX400(14日)急反発。トルコリラ安一服で、警戒感後退。

14日の東京市場

8/14(終値)前日比/前日
日経平均株価22,356.08円+498.65円(+2.28%)
TOPIX(東証株価指数) 1,710.95+27.45(+1.63%)
JPX日経平均40015,131.82+252.40(+1.70%)
売買代金(東証一部)2.05兆円2.51兆円
10年国債利回り0.1030.105

トルコリラ安、一服

14日の東京市場、主要3指数は
そろって急反発。前日の大幅下落を
一日で取り返すかたちとなりました。

トルコリラ安の一服などで過度の、警戒感が
後退しリスク回避ムードも和らぎました。

前日の米国株式市場や円高・ドル安への流れが
比較的落ち着いていたことも、支えとなっていたようです。

売買代金少ない

ただ、売買代金が2兆円と、市場参加者が少ないだけに
米中貿易摩擦や新興国のさらなる通貨安などの、ネガティブ
なニュースには、反応しやすい環境であることも確かで
昨日、今日のようなボラティリティ(変動幅)の大きな
動きになる可能性はまだ、残っていると思います。

前日(13日)の米国市場について↓

米国市場(13日)は続落。トランプvsエルドアンで、不安。

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る