5日の東京株式市場、日経平均株価は、およそ3週間ぶりの高値。

3週間ぶりの高値

5日の東京株式市場、日経平均株価は
+325.87円高の、

21,645.42円(+1.53%)

21,600円台を回復するのは
およそ、3週間ぶり。

米中貿易問題で、応酬が続くなか
米国側が対話姿勢をみせている
ことが、

過度な不安を抑えることに
なりました。

4日の米国株高↓と106円台後半の
円安が、上げ幅を広げていました。

「海外投資家の売りもピークを
過ぎ、ニューマネーも少しずつ
動きはじめている」と市場関係者。

3月米雇用統計発表後の

来週以降のマーケットに期待が
高まります。

昨日のNY市場についてはこちら↓

米国vs中国

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る